物忘れの改善に効果

サプリ

口コミで話題の医薬品「アレデル顆粒」が、クラシエ薬品から販売開始されています。当医薬品は、中年期以降の物忘れを改善する効果が期待されています。有効成分のオンジは、古より物忘れや不眠対策に用いられてきました。同社が行った50歳以上の男女を対象にした調査では、昔と比べて物忘れが気になるようになったケースが約8割ありました。アレデルは持ち運びしやすいスティックタイプで、溶けやすく飲みやすいのも特徴です。中年期以降で、ちょっとした言葉が思い出せなくなったら、早めの対処が功を奏すると言われます。クラシエの開発者は、高齢化社会の問題解決を図るべく、物忘れの改善をサポートしたいと考えています。アレデルを適切に服用すれば、物忘れの改善に効果を期待できるオンジエキスを摂取できます。オンジ単体のエキスは、吸湿性が高く扱いにくい成分でした。外気にさらされると、べたつきやすいものでした。それをクラシエ独自の製法により、服用しやすい商品に仕上げることが可能になりました。

単一生薬成分の医薬品

脳

オンジエキスの「オンジ」は「遠志」と書き、中国北部を主産地とするイトヒメハギの根を乾燥させたものです。この名称は、当薬を服用することで「よく智を増し志を強くする」という薬効に由来します。オンジは古くから、もの忘れや健忘の改善に効果があると言われてきました。一般的な漢方薬は、2種類以上の生薬を組み合わせています。そうした漢方薬が医療用または一般用エキス製剤としても普及しているわけです。それに対してアレデルのように、単一の生薬を成分にした医薬品はあまり出回っていませんでした。生薬のエキス製剤の製造販売承認申請に係るガイドラインの策定により、新たな医薬品開発につながります。アレデルは国内で新たに認可された医薬品として、加齢による物忘れの改善に貢献することを目指しています。アレデルは「あれ」や「それ」など、言いたいことが直ぐ出てこない症状に対応した医薬品です。また、モノを何処に置いたのか、思い出せない人にも効果が期待されています。口コミで話題の当医薬品は全国の薬局やドラッグストアなどで購入可能で、物忘れが気になりだした人にとって選択となります。アレデルはスティックタイプの顆粒状のため、飲みやすいのも魅力です。身体の中に入ると直ぐに溶け、効果を発揮することになります。当医薬品は漢方ですが、漢方特有のにおいが軽減されています。それゆえ漢方が苦手な人でも、安心して服用できます。1日に3回、食前や食後に服用することで、天然のオンジエキスを適量摂取できます。